腰痛の種類と原因そしてマットレス選び方などの緩和策について

腰の痛みの原因には椎間板ヘルニア、骨盤の歪み、精神的ストレスに内臓の病気とほんとうに様々でいろんな原因があります。そんな腰の痛みの原因とコルセットやベルト、マットレス選びなど解決策を解説しています。
MENU

腰痛対策になるマットレス選び方のポイント

腰の痛みを予防・改善するためには、痛みの原因を知ることから始める必要があります。
そのうえで、日常生活の見直しをおすすめします。
腰に痛みが生じるには思わぬ原因が潜んでいる可能性も否定できません。
そのため、腰痛を緩和するためには、いろいろな角度から情報収集したうえで、自分に合った方法を実践することが大切です。
もちろん、自己判断は大変危険ですので、医師の診察を受けて内臓の病気などの有無を確かめるようにしたいですね。

 

腰がダメージを受けるときとして、就寝中の姿勢なども考えられます。
特に、マットレスの選び方が関係してくるといわれています。
マットレスには低反発と抗反発の2種類があります。
両者の違いについては、前者は柔らかいタイプ、後者は固いタイプだと把握しておくとよいでしょう。

 

低反発のマットレスには、体にフィットして寝心地が良いなどのプラス面があります。
しかし、体の重い部分が沈み込むというマイナス面も見逃せません。
具体的にいうと、腰も重いため沈んでしまいます。
このようなことから、腰痛を緩和するためのマットレスの選び方として、柔らかいタイプは向いていないといえるでしょう。

 

かといって、固すぎる布団なども腰に負担を掛ける原因になります。
このようなことから、マットレスの選び方はくれぐれも慎重に行うことが大切です。
そのためには、寝具を扱うサイトなどが参考になりますが、自分に合うかどうかには個人差があることも承知しておきたいですね。
また、自分の体重に合わせたマットレス選びがポイントになることも知っておきましょう。

腰痛緩和には睡眠やマットレス選びも大切

睡眠時間は人それぞれです。
また、仕事に合わせる必要があることから、どんな形が理想的かには個人差があります。
そういった状況を踏まえたうえで、可能な限りゆっくり休むように心掛けたいですね。

 

また、睡眠時間の長短だけでなく、睡眠の質も大切です。
寝るときの姿勢や寝具の選び方も見逃せません。
旅先で「枕が変わると眠れない」という話を聞きますが、たしかに一理あるようです。

 

寝不足になると、翌日の生活に影響を及ぼすだけでなく、腰痛の原因としても懸念されています。
また、腰の痛みが強まるだけでなく、その後の経過にも深い関わりがあるため、寝不足は侮れない存在ではないでしょうか。

 

腰に痛みを発する原因として、マットレス選びも無視することができません。
腰の痛みを緩和するためには、低反発の柔らかいものよりも抗反発の固いものがおすすめです。
柔らかいマットレスは体にフィットするため、寝心地が良いなどのメリットがあります。
その一方で、腰が深く沈むため寝返りがしにくくなるなどのデメリットにもつながります。

 

就寝中には適度な寝返りを打つことで、体内の血流を良くすることにもつながります。
しかし、柔らかいマットレスでは、寝返りのために大きな力を必要とすることも考えられます。
また、固すぎる布団なども腰に痛みを生じる原因になります。
こちらは、寝返りをしやすいメリットがありますが、そのために疲れてしまうからです。

 

なお、マットレスの固さについてはいろいろな考え方がありますので、あくまでも自分に合ったものを選んで腰の痛みを緩和することをおすすめします。

寝るときはベッドと布団、どちらがよい?

毎日を楽しく過ごすためには、健康でいられるように努力することが大切です。
そのためには、体の不調を緩和するように努めましょう。
ストレスを感じることも少なくありませんが、適度な発散方法を知っておくとよいですね。
睡眠不足になると、日常生活に支障をきたすこともでてきますので、質のよい睡眠を得られることもポイントになります。

 

睡眠時間を快適に過ごすためには寝具選びも大切です。
腰に痛みを感じる人も少なくありませんが、柔らかすぎるマットレスや敷布団が原因になることもありえます。
そのため、マットレスや敷布団選びには十分注意したいですね。

 

寝るときはベッドと布団のどちらがよいかも気になりますが、布団のほうがよいとの意見が挙げられています。
布団がおすすめの理由として、体が沈み込まないメリットがあるようです。
ただし、布団の上げ下げが負担になる場合も少なくないため、腰に痛みがある人は慎重に検討する必要がでてきます。
特に、一人暮らしの人はいろいろな面での創意工夫が求められます。

 

腰痛を持つ人がベッドを選ぶときは、マットレスの硬さにこだわることが大切です。
やはり、柔らかすぎるマットレスは体の重い部位が沈み込んでしまいます。
そのため、寝返りが打ちにくくなり、血流の悪化などの原因にもなります。
なお、マットレスのなかには、腰痛対策マットレスもあるため、ベッドでの就寝を快適にするためにも役立ちます。

 

また、ベッドには起き上がるのが楽というメリットもあるため、足の痛みを緩和するためにもありがたいのではないでしょうか。

腰痛におすすめのコルセットやベルト

腰に痛みを感じたときは、原因について正しく把握することが大切です。
そのためには、自己判断は禁物!医療機関の受診をおすすめします。
また、診断の結果、症状に応じた治療を受けることになりますが、医師の指導をきちんと守ることや、異常を感じたときは速やかに医師に相談するように心掛けましょう。

 

腰の痛みを緩和するために、コルセットやベルトなどを使うこともあります。
コルセットには、整形外科医師の指導によってつくられる「医療コルセット」があります。
こちらは、オーダーメイドのため割高ですが、健康保険の適用が受けられます。
ちなみに、医療コルセットには、腰椎をがっちり固定する硬性コルセットと、弾力性や通気性がある軟性コルセットがあります。

 

コルセットやベルトなどには市販品もあり、いろいろなタイプから選べるなどのメリットでも注目されています。
購入するときは、それらの特徴を理解したうえで選ぶことが大切です。
また、使用方法を守って正しく装着する必要があります。
使用に際しては医師に相談することをおすすめします。

 

市販のコルセットやベルトには、腰痛のタイプ別のおすすめ品がありますので、腰の痛みを緩和するためにも正しく選びましょう。
具体的には、急性期用や慢性期用、再発防止用などがあり、それぞれの時期に応じたコルセットやベルトを使うことが大切です。

 

なお、コルセットやベルトは下着の上からつけるタイプが多いようですが、通気性がよいことや肌トラブルを起こさない素材を意識するようにしたいですね。

このページの先頭へ