MENU

骨盤の歪みが腰痛に

腰痛の原因を考えるとき、骨盤の存在を抜きにすることはできないでしょう。
それほど、大切な存在なのです。
整体の施術などでも注目される骨盤の歪みですが、骨盤には体を支える重要な役割があるだけに、常に正しい状態に保つことが必要です。

 

また、立ち仕事よりも座り仕事のほうが腰や骨盤への負担が大きいともいわれています。
立つときは両足で体を支えますが、座ったときは腰と骨盤で上半身を支えることが大きな理由ですが、目から鱗が落ちる想いをした人もいるかもしれませんね。

 

腰の痛みを緩和するためには、座り方を工夫しましょう。
イスに腰掛けるときは、前かがみにならないように気をつけることが大切です。
背中が丸くならない、両肩が前に出すぎないなども、重要なチェックポイントです。
背もたれに頼らないことや、骨盤をサポートするクッションを利用するなど、いろいろな方法があります。
また、ソファーに座る機会もでてきますが、柔らかいソファーには可能な限り座らないほうがよいでしょう。

 

また、腰の痛みを緩和するためには適度に体を動かすことも大切です。
休憩時間を利用して体をほぐすとよいですね。
「ラジオ体操」にはいろいろな運動が含まれているため理想的な体操だといわれています。
もちろん、腰痛の原因をきちんと確かめてから体を動かすことが重要なのはいうまでもありません。

 

なお、イスに座ったときに足を組む人も少なくありませんが、骨盤の歪みをひどくする原因にもつながります。
無意識に足を組んでしまう人は、体に歪みが生じているともいわれます。
もし、足を組むのなら、交互に組むなど工夫することをおすすめします。

このページの先頭へ