MENU

精神的ストレスがあると腰痛の原因にも

私たちが生きていくためには、直面するいろいろな課題を乗り越えることが大切です。
また、自分になんらかの難題を与えることで、モチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。
ただし、自分に抱えきれないほどの大きい課題はストレスになり、自分を追い込むことにもつながります。

 

精神的なストレスが生じると、身体のいろいろな部位に変化が起きることも少なくありません。
人前で話をするときに心臓がドキドキしたり、手が汗ばんだりすることは代表的な症状ですよね。
このようなことは誰にも起こりますが、症状が重い場合は医療機関の受診をおすすめします。

 

また、精神的ストレスにより腰痛が起きることも知っておきたいですね。
腰に痛みを感じる原因には、筋肉疲労をはじめ、いろいろな原因がありますので、それを知るためにも医療機関を受診することをおすすめします。
腰の痛みを緩和する方法としてウォーキングやストレッチなどの運動がありますが、実施するときは医師の指導に従うことが大切です。

 

なお、ストレスによって腰痛が起きる原因として、ドーパミンやオピオイドなどの分泌低下が考えられます。
そのため、少しの痛みを激しく感じたり、痛みが長引いたりすることも少なくないのです。

 

また、過去につらい想いをすると、同じような場面に直面すると必要以上に不安な気持ちになる可能性もでてきます。
これは、腰痛に限ったことではありません。
身体の痛みやストレスを緩和するためには、自分自身を客観視することや生活環境を見直すことも考えましょう。

 

このページの先頭へ