MENU

腰痛やストレスには気分転換も大切

「在宅ワーク」のひとつとして、パソコンの前に座って仕事をする方法が注目されています。
パソコンスキルや仕事内容などによっては、多くの収入が得られることもあり、子育てや介護などと両立して働きたい人には理想的です。
その一方で、同じ姿勢でパソコンに向かうことも多いため、腰の痛みなどの不快な症状に悩むリスクもあります。

 

また、ストレスを感じる理由として、仕事への重圧などいろいろなことが考えられますので、それを緩和するためにも適度な気分転換をおすすめします。
たとえば、仕事が一段落ついたときに、台所へ行って温かいお茶を淹れるのもよいかもしれません。
窓から遠くの景色を眺めると、季節の移ろいを感じられるなどのメリットもあります。

 

このように、ストレス解消のためにおすすめの気分転換ですが、腰の痛みを緩和するためにも役立つと考えられます。
やはり、同じ姿勢を長く続けると体が固まってしまいます。
そのため、血流が悪化することも避けられませんね。
静脈血栓寒栓症(エコノミー症候群)発症のリスクが高まることも問題視されています。

 

腰の痛みを緩和するための運動を始めるときは、腰痛が起きる原因について正しく知ることが大切です。
腰に痛みが起きる背景には、なんらかのの病気が隠れていることも見逃せません。
また、自分に合った運動を無理なく続けることも大切なポイントだといえます。
腰の曲がりや過度の反り返りを防ぐためには背筋と腹筋を鍛える方法がありますが、深部の筋肉を鍛える方法への注目度も高まっています。

このページの先頭へ