MENU

腰痛対策にはこのようなことも

日常的に腰痛を抱えている人や、ぎっくり腰を起こしやすい人は、日ごろからの腰痛対策が大切です。
慢性的な腰痛を持つ人は、腰の痛みを緩和するための対策が不可欠になります。
また、腰を痛める機会は誰にもありますので、そうなったときに困らないために、生活空間を工夫しておくと安心です。

 

腰に痛みが生じると、目の前にあるものにさえ手が届かなくなる場合もあります。
また、高い場所や低い場所にあると致命的です。
そうならないためには、押し入れやクローゼットの収納を見直すことが大切です。
押し入れには日用品の予備を収納することが多いですが、トイレットペーパーのようによく使うものは、立ったままで届く範囲に置いておくと大変便利です。

 

また、室内を掃除するときに家具を動かす場合もでてきますが、キャスター付きにしておくと動かしやすくなります。
ベッドはパイプベッドにすると軽くて便利です。
パイプベッドにはマットレスなしのタイプもあるため、腰にやさしいマットレスや布団を選べるメリットもあります。
ちなみに、腰の痛みを緩和するためには、適度な硬さがあるマットレスがおすすめです。

 

なお、室内での転倒を防ぐためにも、家具やコード類の配置には十分注意する必要がでてきます。
また、キャスター付きの家具は動かしやすい反面、すべりやすいデメリットもあるため、動線にはガッチリした家具を配置すると移動するときに役立つ場合もでてきます。

 

もちろん、どんな方法にも「完璧」はありませんので、あくまでも参考におすすめします。
また、腰痛の原因がわからない人は医療機関を受診することが大切です。

このページの先頭へ