MENU

腰痛のとき受診する診療科は

腰に痛みを感じたときは、医療機関を受診することが大切です。
筋肉疲労による痛みなどのように、原因がはっきりしている場合は、安静にすることで痛みが治まる場合が多いですが、下肢のしびれなどがあるときは要注意です。
また、痛みがだんだん強くなる、発熱があるなどの症状がでてきたときも、速やかに医療機関を受診することをおすすめします。

 

腰痛のあるときは、どの診療科を受診すべきか迷うことも少なくありませんね。
腰痛には複数の原因が関係する可能性もでてきますが、まずは、整形外科の受診をおすすめします。
ちなみに、整形外科では、薬物療法によって腰の痛みを緩和する治療が行われます。

 

ストレスなどが原因で腰が痛む場合は、整形外科の受診と並行して心療内科や精神科を受診する形がおすすめです。
心療内科などでは心理療法やカウンセリングのほか、投薬による心のケアも行われます。
また、内臓の病気がある場合は、内科を受診して病気の治療を優先することが必要です。
内臓の病気には重篤なものもあるため、腰の痛みを放置しないで医療機関をきちんと受診することが大切です。

 

腰痛を緩和するためにコルセットやベルトを装着することもあります。
整形外科医師の指導による「医療コルセット」は、自分の体に合わせたオーダーメイドであり、健康保険が使えるメリットも注目されています。
また、市販品を購入するときは、医師に相談することが大切です。
そのほか、体調への不安や治療方針に疑問を感じたときは、医師に遠慮なく質問するように心掛けたいですね。

 

なお、腰の痛みを緩和するために接骨院や整体に通う方法もありますが、こちらも医師と相談して通うことが大切になります。

このページの先頭へ