MENU

椎間板ヘルニアによる腰痛

名前を聞いただけでも痛みを感じる人もいるかもしれません。
「椎間板ヘルニア」は、それほど知名度の高い病気といえるでしょう。

 

この病気が起きる原因は、腰にある椎間板や繊維輪に亀裂が入り、内部にある髄核が飛び出して神経組織を圧迫するからだといわれています。
その結果、激しい腰痛のほか、片側の下肢に痛みやしびれなどを引き起こします。
ちなみに、その部位は圧迫される神経によっても異なってきます。

 

腰椎には5個の椎骨があり、脊柱(頸椎、胸椎など)のうちでも、上半身を支えるために大変重要な役目を背負っています。
また、立ったり座ったりと日常的な動作にともなう可動性も大きいため、椎間板はダメージを受けやすい部位です。

 

椎間板ヘルニアは、20〜40代という比較的若い世代に多く、人口の約1%が発症するともいわれています。
椎間板から飛び出した髄核は自然消退の可能性もありますが、その確率や時期などは明確になっていないようです。

 

椎間板ヘルニアは、重いものを持ち上げたときなどに急激に発症するほか、徐々に発症する場合があります。
痛みやしびれなどが出るのは、片側の足の場合が多いことも特徴のひとつです。
また、咳やくしゃみなど、ちょっとした刺激で症状が悪化することもあるため注意が必要になります。

 

椎間板ヘルニアの診断にはMRI画像のほか、脊髄造影、椎間板造影などの検査を行うこともあります。
痛みを緩和するためには、保存療法をはじめ、薬物療法、手術療法も知られています。
また、痛みを緩和する民間療法の選択肢もありますが、まず、医療機関で診断を受けることが大切です。

このページの先頭へ