MENU

いわゆる「腰痛症」について

腰に痛みを感じる原因はいろいろです。
また、急激な痛みを感じるときと、日常的に痛みを感じる場合もあり、前者は「急性腰痛症」後者は「慢性腰痛症」といわれます。
そのひとつに「ぎっくり腰」があり、こちらは急性腰痛症です。

 

ぎっくり腰は、ちょっとした動作のはずみで起きることも多く、誰にでも起こりうる病気です。
重いものを持ち上げたり、腰をねじったりすることは代表的なシーンですが、椎間板や筋肉、靭帯のいずれかを損傷することが痛みの原因になります。

 

ぎっくり腰は、安静にしていると数日で回復する場合が多いですが、回復間際に再び悪化するなど、いろいろな体験談を見聞きすることも少なくありません。
痛みがひどいと、腕を動かすなど、ほかの動作にも影響が出る場合もあるようです。
身近に体験した人がいると、折に触れて話を聞いておくと役立つかもしれませんね。

 

腰痛症を防ぐには、体に引き寄せてから荷物を持ち上げるなど、日ごろからの心掛けも大切です。
腰椎が前弯することもよくありませんので、それを防ぐためには、イスに座るときは膝を臀部よりも高くすることもポイントになります。

 

ぎっくり腰を緩和させるためには、安静や投薬が功を奏します。
また、慢性腰痛症のある人は、腰痛体操を取り入れることで症状の改善にもつながります。
ちなみに、腰痛体操をする目的として、姿勢の改善や腹筋・背筋の強化のほか、軟部組織に柔軟性を持たせるなどがあります。
また、腰の痛みを緩和するためには原因を知ることが大切ですので、医療機関を受診して医師の指導を受けることをおすすめします。

このページの先頭へ